コンテンツ力

「コンテンツ力」とはどんな力?

こんばんは。

フジケンです。

 

今日は、「コンテンツ力」とは何なのか?

ということについて説明します。

 

「コンテンツ」は、英単語としては「内容・中身」という意味で、

「情報そのもの」とも言えます。

 

コンテンツの形としては、

「文章」、「絵・画像」、「音楽」、「映像」

の4つが代表的かなと思いますが、

最近は、あらゆる情報に対して使われていたりもして、

なんだか曖昧な単語になっている気がしています。

 

まあ、一般的な認識はそれほど重要ではないのでいいのですが、

僕の定義では、

コンテンツ = 価値

です。

 

なので、「コンテンツ力」というのは、

「価値を生み出す力」

ということです。

 

それが文章であれ、動画であれ、

「誰かの役に立つ何か」を提供する。

 

この力が高ければ、

当然、得られる対価(お金に限らず)が大きくなり、

自分の人生をデザインすることが出来るようになります。

 

なので、「コンテンツ力」を高めた方が良いですよ、

というのが僕の考えです。

 

しかも、「コンテンツ力」を高めることは誰でも出来ますし、

どんなカテゴリーでも(ビジネスは特に)必ず役に立つ能力なので

是非、皆で高めてまいりましょう!

 

 

■編集後記

 

今日、電車に乗っていてある広告が目に留まりました。

 

確か富士通の携帯電話だったと思うのですが、

簡単に言うと、相手が話すスピードをゆっくりに出来る、

という機能をアピールしている内容です。

 

電話で話していて、相手の話すことが聞き取れない時に、

聞き直すのも言いづらいし・・・という時に

こういう機能が役立ちますよ、という感じですね。

 

確かに電話で話していて、

相手の言葉が聞き取れない時ってありますよね。

 

僕の場合は、そのまま話を進めて、

語感と前後の文脈で単語を判断することが多いです。

 

自分には全くそんな発想が無かったので、

ほほう、と思ったのですが、

今の、録音(録画)・再生の技術から考えれば充分可能なんですよね。

 

やはり大事なのは視点だなあと。

 

この広告を見ながらそんなことを考えていたのですが、

よく見るとなんか少し違和感が。

 

広告には例として、

「もしもし」

「おばちゃんだけど」

「ピーマン買ってきたで」

これが、

「も し も し」

「お ば ちゃ ん だ け ど」

「ピ ー マ ン 買 っ て き た で」

という感じになると書いてあるのですが(確か)、

そんな状況あんのかなあ・・・

 

関連記事

  1. コンテンツ力

    コンテンツ力の基礎

    こんばんは。フジケンです。コンテン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. コンテンツの作り方

    他人の力を借りてコンテンツを作る方法
  2. コンテンツの作り方

    時間を利用してコンテンツを作る方法
  3. コンテンツの作り方

    ニーズを知ってコンテンツをカンタンに作る方法
  4. コンテンツ力

    コンテンツ力の基礎
  5. コンテンツ力

    「コンテンツ力」とはどんな力?
PAGE TOP